ホーム > 会社概要 > 沿革

沿革

昭和40年 9月広島県府中市に河原製作所として創業
昭和49年11月資本金 3,000千円にて油圧リフトテーブルの製造販売を主要業務として株式会社河原を設立
昭和49年12月パンタグラフ式油圧エレベーター(3段)の製造認可番号取得
昭和50年 6月パンタグラフ式油圧エレベーター(4段)の製造認可番号取得
昭和52年 8月間接式油圧エレベーターの製造認可番号取得
昭和52年12月[増資] 資本金 6,000千円となる
昭和53年 5月特殊機構のフリーステージ付きリフトテーブルの開発、販売開始
昭和54年 4月[増資] 資本金 12,000千円となる
昭和55年10月東京営業所(現東京支店)を開設
昭和56年 9月直接式油圧エレベーターの製造認可番号取得
昭和58年 3月低床式シリーズの基となる”フレンド1000”を開発、販売開始
昭和60年10月大阪営業所(現大阪支店)を開設
昭和61年 2月低床式リフトテーブルをシリーズ化し、販売開始
昭和63年10月[増資] 資本金 48,000千円となる
昭和63年12月社員保養所『海の家』を新築
平成元年 7月本社を広島県尾道市に移転
[増資] 資本金 68,000千円となる
平成元年 9月[第1回無担保新株引き受け権付き社債発行] 発行総額 69,000千円
平成元年12月河原社員持株会設立
平成 2年 1月[増資] 資本金 218,000千円となる
[第2回無担保新株引き受け権付き社債発行] 発行総額 300,000千円
平成 2年 3月一般建築業許可番号を取得
平成 2年 6月本社B工場新築
平成 2年 8月[増資] 資本金 278,000千円となる
平成 2年 9月[増資] 資本金 1,403,000千円となる
本社C工場新築
平成 2年12月会計監査法人トーマツと監査契約締結する
[社債]発行総額 300,000千円発行
平成 3年10月新社屋(6階建:565坪)を新築
平成 4年 1月精密走行装置『ロボラン』を開発、販売開始
平成 4年 7月[株式分割] 資本金 1,587,500千円となる
平成 4年 8月[私募債] 1,082,340千円発行
平成 4年11月社内LAN導入
平成 5年 2月2段式駐車装置『クリトンシリーズ』を開発、販売開始
平成 5年 6月セラピッド社(フランス)と「ロッドチェーン」のアジア地区独占販売契約を締結
平成 6年 1月本社D工場新築
平成 9年 8月[社債] 500,000千円発行
平成13年 1月物流機器の製造販売においてISO9001認証を取得
平成14年 8月[社債]300,000千円発行
平成15年 3月名古屋出張所開設
平成16年 7月テクノ事業部拡張の為E工場を取得
平成17年 4月[海外子会社]上海市に独資にて上海河原機械有限公司を設立
(現資本金:120万USドル)
平成22年 1月資本金のうち1,097,500千円を資本余剰金に振替え、
資本金490,000千円となる


PAGETOPへ